タグ:花 ( 81 ) タグの人気記事

春の花

福島原発で海に流れてしまった放射能の濃度を聞くたびに、卒倒しそうになる。
魚はどうなる? 漁にでる方々も心配でならないだろう。
今後のことを考えると暗澹とした気持ちになるが、街にでると結構みなさん元気に歩いている。
自分ではどうにもできないことなので、心配ばかりしていてもしょうがないか。
とにかく早く安心させていただきたい。
被曝した作業員の方々は退院できるとのこと。少しほっとした。
今後、影響が出ないことをお祈りしています。

白いクロッカス
d0129295_15395128.jpg


可愛い 桃
d0129295_1540101.jpg


空へ ハクモクレン
d0129295_15403036.jpg

by mint-de | 2011-03-28 15:44 | 社会畑

夏水仙

とんでもなく暑い!
冷房のきいた部屋から廊下にでると、お風呂場にいるような感じになる。
家からなるべく出ないようにしているけれど、外で働かざるを得ない人たちは、本当に気の毒だ。
工事現場で働いている人、スーパーの駐車場で車を誘導している人、駅員さん、それからそれから高校野球の選手たち、甲子園で野球を観戦している人たちもすごいよね。楽しいときは、暑い寒いなんて関係ないのだろうね。

実家の仏壇は甥の家にあるので、お参りにいってきた。身内の葬式が多くなってから線香の値段が意外に高いものだとわかり、甥の家にいくときは、線香をもっていっていた。私の家では毎日夫の母、夫、私が仏壇に線香をあげているから、結構、線香を使う。そのつもりでもっていっていたけれど、甥の家にいって気がついた。私がもっていってた線香の箱が、そのまま仏壇の脇に積まれていたのだ。甥は一人暮らし。毎日線香なんてあげていなかったのだ。そのことにもっと早く気付くべきだったのかも。ちょっとガッカリしたけれど、形式にこだわる気もないし、供養の仕方もいろいろあるだろうし。亡くなった人々を忘れずにいることが、いい供養になると思いたい。


 水仙に似ていない 夏水仙
d0129295_16163093.jpg

by mint-de | 2010-08-16 16:18 | 木陰日和

サギソウ

暑い日が続いている。
それでも8月になって、吹く風に涼しさを覚える。
わずかな違いだろうけれど、7月よりは秋に近づいていると自分を励ます毎日。
こんなに暑いのに、ウォーキングにもちゃんと行っている。体のことを考えて、いつもの半分の距離だけれど、距離が短いことで楽な気持ちで歩ける。行かないと、やるべきことをやっていない気分になるので、こういう気持ちになれる自分をほめてあげたい(^^)

やっと地デジ用のテレビを買った。でも、お店に在庫がなくて家に届くのはまだまだ先。
新しいテレビになったら、BSの放送がいろいろ見られるので、楽しみだ。
でも、多チャンネルとはいえ、見る番組は限られるよね。そんなにテレビばかり見ていられないもの。どれを見るか選ぶのも大変だし、多いわりには見たいと思うものが少ないのが残念だ。

今年も咲いたサギソウ
d0129295_15451894.jpg

by mint-de | 2010-08-05 15:46 | 木陰日和

夏空!

梅雨が明けた。
昨日の朝からまぶしい青空が広がり、夏が来た!
晴れたらカーテンを洗いたいと思っていたので、早速カーテンをはずし洗濯機に入れる。
カーテンも私もサッパリした!(^^)

もう7月だと思っていたら、半月が過ぎて、今度は8月がやってくる。
日々は、駆け足で過ぎていく。

夕飯の支度のときは、いつもラジオを聴いている。
ときどきしみじみとさせられるのが、NHKーFMで17時20分から始まる「にっぽんのうた・世界の歌」
進行役の女性が実にやさしい口調で語りかけてくるので、いつも引き込まれて聴いてしまう。ラストには、リスナーからのリクエスト曲が紹介される。
ほとんどが、昔のヒット曲だ。
リスナーのその歌に対する思いを聴いていると、歌には不思議な力があるのだなあと思う。
その歌を聴いていた頃の自分、なつかしい昔。
過去の思い出は、いつも人を詩人にする(^^)
なつかしい歌は、人生の子守唄なのかもしれない。


d0129295_15293580.jpg
by mint-de | 2010-07-18 15:31 | 木陰日和

外で遊ぼう!

梅雨入りして、蒸し暑くなってきた。こういう天気になると、ウォーキングもちょっとつらくなる。
でも公園に行くと、みなさん元気に走ったり歩いたりしているので、こちらもがんばる気持ちになってくる。
今日の公園は、遠足の子どもたちがいっぱいいた。金曜日に遠足が多いのは、明日がお休みだからかな。
元気に駆け回る子どもたちを見ていると、思わず笑みがもれる。
私は、小学生の頃が一番楽しかった気がする。
缶けりで鬼になったときは、懸命にほかの子を捜し、隠れるときは逃げまくり、無心で遊んだ子ども時代。
そういう楽しい時間が、人生80年として、そのうちのたった十分の一の年月というのは少ないような気もするけれど、それだけの時間だったからこそ、きらめくような輝きをもった時間として記憶に残るのかもしれない。
この頃は、外で遊ぶ場も少なくなって、昔の子どものように遊べなくなってきている。
ゲームのように頭や目だけを使う遊びより、やはり、体も思いっきり使わないと、人間としてのバランスがとれないような気がする。大人になる前に、思う存分遊んだという記憶を、どんな子どもにももってもらいたいと思う。


ユリが咲き始めた
d0129295_1601785.jpg
d0129295_1603228.jpg

by mint-de | 2010-06-18 16:03 | 木陰日和

技術が一番!?

昨年、腸のポリープを内視鏡で切除した。
そのときの医師の態度があまりにも横柄で(患者にも看護師に対しても)不快な思いをしたので、半年後の検診のときは、その医師が休みの日を事前に調べて(^^)でかけた。
あの腸をきれいにする水を飲むのは本当に気持ち悪いし、内視鏡もとても痛い。でも、しょうがない。ほんのいっとき、我慢、我慢と自分に言い聞かせ、「まな板のコイ」状態に。
今度は若い先生だなあと思いつつ、早く終わらないかなあ、またポリープがあったら嫌だなあ、リラックス、リラックスと心の中でつぶやく。しかし、その先生はずっと無言で、進んでは戻っているような気配。前回は、ドンドン内視鏡が進んでちょっと乱暴な気がしたのに、何だか試行錯誤のノロノロ運転のよう。もう終わるかなと思ったら、これから見ていきますよと言われガックリ。
私はこれで4回目の検査なので、いつもより時間かかっているというのがわかる。
カメラの映像で、自分の腸を見ると不思議な気持ちになるが、がんばって働いてくれている腸に、感謝したくなる。
今回の医師は、とても感じがよかったけれど、前回の医師に比べると経験不足なのだろう。
感じの悪い医師にあたりたくはないけれど、医師はやはり技術が一番だと思った。次回は、前の医師のほうがいいと思ってしまった私。技術的にもすぐれ人柄も良い先生がいるといいけれどね…。

d0129295_16113374.jpg
by mint-de | 2010-06-11 16:15 | 木陰日和

怖いよ!

今日は「迷惑なオジサン」に遭遇する。
朝の散歩で、私とマイワンコが楽しく歩いていると(^^)、「あっ、スンマセン」と声がする。
声の方を見ると、リードをつけていないボーダーコリーが駆けてくるではないか!
あわてて、マイワンコのリードを短くして、オジサンが犬を捕まえにくるのを待つ。
やってきたワンコとマイワンコは、しばし相手の様子をうかがっている。
そして、唸りはじめた。
そのときになって、やっとオジサンがそのワンコを捕まえた。
公園で、犬をしつけようとしているのだろうけれど、まだ飼い主の命令をちゃんときけない場合は、長いリードを使って訓練して、リードなしで放さないでほしいよ!
頭にきて文句をいってしまったけれど、自分が何といったか覚えていないのはなぜ?(^^:)
中型犬でも、どんな犬かわからないと、やはりそばにこられるとちょっと怖いね。

名前がわからない花 アナタはだあ~れ?

d0129295_1642194.jpg
by mint-de | 2010-05-30 16:43 | 木陰日和

犬の薬

今日はとても暑い。
それでも犬のフィラリア予防の薬をもらいに動物病院へ。
30分くらい歩くので、犬も私も疲れる(^^;)
病院はもっと近くにあるけれど、以前飼っていたウサギをみてもらったとき、とても親切に対応してくれたので、以来その病院にいくことにしている。
そのウサギの話だけれど、私は、動物病院だったら、だいたいのペットをみてもらえると思っていた。しかし、ウサギを連れていったら、ウサギはみないと獣医さんに断られたのだ。確かに専門分野というのはあるだろうけれど、連れていったら触ってみるくらいしてもよいだろう、そんなに重病でもないのにと呆れてしまったことがあった。獣医さんもいろいろいるね。
犬と歩きながら思ったのは、ペットって動物のなかでは幸せなヤツだということ。
口蹄疫におかされてしまった牛や豚のことを思うとね。
犬や猫は、病気になったらお医者さんにみてもらって、飼い主が治るまで面倒をみるけれど、牛や豚は病気になったら殺処分。狂犬病の予防注射みたいに、口蹄疫の注射もあるといいのに…。
病気になった牛や豚も可哀想だが、畜産農家の方々もお気の毒。
一刻も早く感染がおさまって、元の状態に戻れといいですね。


d0129295_1624253.jpg
by mint-de | 2010-05-21 16:06 | 社会畑

旧古河庭園のバラ

電車の広告で、洋館とバラの美しい写真に誘われて旧古河庭園へ。
大正初期につくられた庭園は和洋折衷で、洋館とバラの花壇の下には、池や木々が茂る日本庭園が広がっている。
バラの香りと、木々の緑がとても気持ちよかった。
日本庭園は深山風の趣で、こちらの落ち着いた雰囲気もいい。
バラは咲き始めという感じで、もう何日かあとのほうがいっぱい花が開いていそう。

d0129295_19212871.jpg
d0129295_19214176.jpgd0129295_19215257.jpg












d0129295_19223158.jpg

d0129295_6231321.jpg

d0129295_1922525.jpg


日本庭園のモミジ
d0129295_19233316.jpg

by mint-de | 2010-05-14 19:27 | 木陰日和

母の日の贈り物

いいお天気が続いている。
新緑が輝き、ハナミズキやツツジや色とりどりの花が風に揺れている。
気持ちがいい5月の休日。
4月は晴れの日が少なかったので、なんだかホッとする(^^)

街には、「母の日」のプレゼントがいっぱい!
押し付けられているような気がするのは私だけ?(^^;)
花屋さんの前には、キレイな花束や鉢植えやらいろいろでていたけれど、いつもより高いよね。
「母の日」が商売に利用されていると思うと、小学生などが作る「お手伝い券」のほうが、ずっと「母の日」にふさわしい贈り物に思えてくる。
私も母にいろいろ買ってあげたけれど、自分が母親になってみると、何か買ってもらうより、とにかく健康で元気な子どもでいてくれるのが、一番の贈り物だと思うようになった。

シャクナゲ
d0129295_141455.jpg


スズラン
d0129295_1423677.jpg


フジ
d0129295_1425739.jpg

by mint-de | 2010-05-08 14:07 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de