碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「ラーマのつぶやき」

今週の火曜日にNHK総合で放送された「ラーマのつぶやき」を見た。
ラーマさん一家は、日本で初めて難民認定されたシリア人の家族。
彼女は16歳の高校生で、兄と両親と埼玉県で暮らしている。2013年、小学校6年のときに日本にやってきた彼女は、とても日本語がうまい。その語学力に感心した。そして、明るくて元気。
「人間は一番怖い生き物」だという彼女の言葉に、戦争を経験した者の痛みと悲しみが伝わってくる。家に爆弾が落とされ、日本におじさんがいた関係で、日本にやってきたという。
カラオケを楽しむ彼女は、日本になじんでいるように見えるが、50代の両親はなかなか大変そうだ。それでも母親はユニクロで働き、日本にいるからには日本を好きになりたいと思っている。慣れ親しんだものが何もないと寂しそうに話しながらも、母親の強さが感じられた。その反対に父親は、いまだに日本の生活になじんでいない様子だった。シリアでは、五つ星レストランで総料理長を務めていたという。祖国と仕事を失ったその胸のうちを思うと、言葉がない。それでも、料理教室で教えているときの表情は明るかった。もう10年若かったらよかったといっていたが、年齢的なことを考えると、日本語を覚えるのは大変だろう。
昔は、平和で幸せを感じていた家族が、命を守るために、国を脱出しなければならなくなる。本当に酷なことだと思う。
無意味な戦争を続ける人間は、本当に「一番怖い生き物」だ。
ラーマさんの家族が、日本で幸せに暮らしていけますように。
by mint-de | 2018-03-30 14:32 | 観て☆聞いて | Trackback
トラックバックURL : https://mintmmks.exblog.jp/tb/26620185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。