カテゴリ:木陰日和( 432 )

夏休み

今の私には、夏休みというものはない。夏に限らず、まとまった休み、いや、お休みの日、そのものがない。主婦業は毎日の仕事だ。
洗濯や掃除はそれほど苦にならないけれど、食事の支度は、ときどきお休みしたくなる。
特に、夏は疲れる。台所にはクーラーはないので、汗だくである。
そういうときは、1週間ぐらい、食事を作らないですむ生活を夢見る。ある女性作家が、
家事も書く仕事も一切しない日を2~3日つくって、リフレッシュするというエッセーを読み、
私もそんな日をつくってみたいものだと思った。
でも、なかなか実行はできない。そうするには、家族の協力が必要だけれど、自分だけわがままをいっている気がするせいかもしれない。

もう8月だ。1年の半分以上が過ぎてしまった。毎年8月になってから咲き始める、
白いサルスベリやフヨウが咲き出した。今年の夏は旅行の予定もない。
暑すぎる夏に耐えながら、秋の訪れを心待ちにする日々である。


d0129295_21285985.jpg
by mint-de | 2008-08-01 21:31 | 木陰日和

サギソウ 

d0129295_2046316.jpg


去年、義母が鉢で育てたサギソウが、今年も咲いた。
花の形が、本当にシラサギが飛んでいるようで面白い。

今日は隅田川の花火大会。
夫は知人の誘いで、花火見物には絶好の浅草のある場所に出かけた。
私は、テレビで花火見物。今まであまり見たことがなかったけれど、
ものすごく豪華でビックリ。

洞爺湖で夏の間打ち上げられる花火は、何回か見たことがある。
暗い湖上が一瞬明るくなって、華やかに色が散る光景は美しいけれど、
闇の方が多くて、何故か哀しい気持ちになったものだ。

でも、東京の花火は、明かりがいっぱいの夜景の上でドーンドン。
いろんな色の光のシャワー! 派手! スゴイね!(^^)
by mint-de | 2008-07-26 20:48 | 木陰日和

「う」の日

今日は、土用の丑の日。
民間伝承では、「う」のつく物をこの時期に食べると夏バテしないということらしいが、
ウナギに人気が集まるのは、味と栄養価の高さから、夏を乗り切れそうな気持ちに
なるからだろう。でも、私はウナギは苦手。
かば焼きのしょうゆダレがしみこんだご飯はおいしいと思うけれど、
あのグニャグニャした脂っこい身が好きになれない。
お店の前で、かば焼きが出来上がるのを並んで待っている人を見ると、
そんなにあのウナギが食べたいのかなあと、いつも不思議な気持ちになる。
今年は産地偽装も発覚して、ウナギを食べるのも大変らしいが、
私は、「う」どんやそ「う」めんを食べ、夏を乗り切るつもり。
ああ~、でも暑過ぎる…。

犬の予防注射にいってきた。もう寄生虫はいなくなったらしい。
便の状態も大分よくなってきたので安心した。普段、外で暮らしているマイワンコ。
獣医さんの待合室はクーラーが利いているので、とても快適だったみたい。
いつもは建物に入るのを嫌がるのに、待っている間、出たり入ったりしていたら、
出るのを嫌がるようになった。
ワンコのためにも、早く、涼しくなってほしいな。

d0129295_1404581.jpg
by mint-de | 2008-07-24 14:02 | 木陰日和

梅雨明け

今月になってから、雨はあまり降らなかったが、梅雨が明けたらしい。
今日は、ものすごく暑い。ジリジリと照りつける太陽に、汗だくである。
朝早く散歩にいったときは元気に歩いていたマイワンコも、今は、囲いのなかでグッタリしている。
あの毛皮が脱げればいいのにねえ…(^^) 
外で飼っていると、暑いときは本当に可哀想だと思う。

今日の新聞に、東京ディズニーリゾート開園25周年記念で、「丸ごと貸し切り体験」に抽選で当たった家族の記事があった。
「一生分の夢を使い果たした気分」というコメントがあったが、本当に羨ましい、夢のような体験だったことだろう。
夢のような出来事を経験して、記憶には、それが現実に経験したことだと残って、夢のように思い出す出来事なんだろうな。
そんな体験ができたらいいなあ…。
お金も日にちも気にせずに、「世界一周の旅」とかに行けたらいいなあ…
などと、みんな出かけて誰もいない家で、一人夢見るのだった(^^)
by mint-de | 2008-07-19 16:19 | 木陰日和

電話って…

買物をしてレジでお金を払っているときに、店員さんのケータイが鳴った。
普通だったら、「失礼します」といって電話に出るか、私にお釣りを渡してから出るものだろう。
ところが、その男性店員は、何も言わずに電話を取り喋り出した。
急いでいるわけでもないし、こんなことで文句を言ってしまうのもギスギスした感じがして嫌なので、数分間じっと待った。
電話を終えると、店員の彼もさすがに悪いと思ったのかケータイをしまうと、「失礼しました」とおっしゃる。
考えてみると、電話って図々しい代物である。
この場合、私の方が先に並んでいるのに、電話は横入り。
でも、電話が鳴ると、「スグニデナケレバナラナイ」と思ってしまう。
留守録機能があるのだから、後で確かめることもできるのにね。
家によくかかってくる電話セールスも、この上なく図々しい。
失礼のないように断るけれど、断るたびにタメイキがでる。
どうして一方的にかかってきたものに、遠慮しなければならないのだろう?
何だかおかしな世の中である。


d0129295_21291524.jpg
by mint-de | 2008-07-10 21:32 | 木陰日和

優しくて、ほめ上手

歯の定期検診にいってきた。
診てもらっている歯科医院には、とても優しい歯科衛生士の女性がいる。
話し方が、とても柔らかくて丁寧で、ほめ上手!
歯の汚れ具合のチェックをして、汚れている部分があっても、決して叱るような言い方はしない。大変かもしれないけれど、丁寧に磨いてくださいねと、幼稚園の先生のような言い方で諭される(^^) 
こういう風にいわれると、面倒くさいよと心の中で思っていても、「ハイ!」と返事をしてしまうから不思議だ。高圧的にものを言われるより、優しく言われた方が素直になれるなあと、改めて実感する。
毎日、歯間ブラシと歯ブラシで丁寧に磨いているので、今回は汚れがなくて、ほめられた!努力が認められるのって、気持ちがいいな。
人にほめられるということが、ほとんどない生活をしているので、何だかとってもうれしい。
子育ては、叱るよりほめろといわれているけれど、今頃になって、そういう子育てができなかったことが悔やまれる(^^;)
優しい歯科衛生士さんは、まだまだ若い女性だ。きっとほめ上手なご両親に育てられたのだろうな。治療費を払うので待っている間、待合室にあった相田みつをの本をパラパラとめくったら、「育てたように子どもは育つ」という一文があって、「こんな風に育てた覚えはない」と、いつも思っている私は、さらに落ち込む。
若い彼女に、いろいろと教わった日なのだった。

d0129295_14515349.jpg
by mint-de | 2008-07-08 15:00 | 木陰日和

意志薄弱

健康診断の結果は、2年連続で要再検。結局、異常なしでホッとしたけれど、血圧もコレステロールも少し高め。
お医者さんに「体重が減れば血圧は下がります」といわれ、「よし、ダイエットだ!」と、病院をでるときまでは思っていた。しか~し、帰りにおいしいケーキ屋さんの前を通った途端、「食べたい!」「息子の内定祝いと、異常なしのお祝い!」などと、息子はいないのに勝手にお祝いモードになって、ケーキを買ってしまう。
夫も娘も1個しか食べていないのに、一人2日間で3個も食べてしまう(^^;)。あとで激しく後悔する。お酒も1週間に2日だけ飲むことにすると決意したのに、暑くなるとビールの誘惑に負けてしまう。
何とか、体重を5キロは減らしたいと思うけれど、こんなに意志薄弱では無理かも。
ウーン、こんなに蒸し暑い日は、やっぱりビールがおいしそうだなあ…。

暗いニュースのなかで、イランで誘拐された横浜国大生の中村さんが解放されたのは、明るい話題だった。うちの娘も一人で海外旅行をしたことがあるので、ずっと気になっていた。過酷な場所で、8か月間もよく耐えられたと思う。危険な地域を旅行したことは、非難されてもしょうがないけれど、彼の好奇心がこんな結末になったことが残念だ。世界には、知りたいことや見たいことがいっぱいある。それを邪魔しているものにこそ、問題があるのだから。

d0129295_20461852.jpg

by mint-de | 2008-06-19 21:08 | 木陰日和

縁結びと花の寺

梅雨の晴れ間に、山梨の勝沼、塩山までドライブ。

放光寺は縁結びのお寺。今頃は、花菖蒲やアジサイがきれいだというので出かけたけれど、残念ながらまだほんの少ししか咲いていなかった。でも、とても静かで落ち着いた雰囲気。のんびりお参りをしてきた。


d0129295_6502937.jpg












d0129295_650270.jpg


d0129295_652314.jpg













d0129295_6523437.jpg














勝沼のぶどうの丘からの眺め

d0129295_753433.jpg

by mint-de | 2008-06-15 07:07 | 木陰日和

祝杯

就活中の息子から、嬉しい連絡が入った。
息子の友人達はほとんど内定していたので、どうなるか心配だったが、息子を採用してくれる会社があったらしい(^^) ありがたいことです!
決まったら決まったで、労働条件が厳しくはないかとか、社会人としてやっていけるのだろうかとか、いろいろ心配は尽きない。
親というのは、そもそも心配性なのかも。
以前、海外ドラマの「ダメージ」で、パティが、「夫は離婚したら他人になるけど、子どもの親は一生続く」というようなことをいっていて、そうだよなあ…と、やたら頷いた私。d0129295_15134017.jpg
親の仕事に終わりはないのだった。

夫と共に、お祝いの酒にぴったりな「花おぼろ」で乾杯。
このお酒は、紅麹できれいな桃色になる。地震の被害から再生した、輪島の中島酒造さんが作っている。アルコール度は8度で、甘酒のような味。とても飲みやすい。

ずっと気になっていたので、ものすご~く、ホッとした。
by mint-de | 2008-06-11 15:15 | 木陰日和

白い世界 ウユニ塩湖

昨日のテレビ朝日「空から見た地球」で、ボリビアのウユニ塩湖を見た。
あの圧倒的な白の世界は、本当に不思議な景色だった。
塩湖の水が鏡のようになって、周囲の風景を映していたシーンには、ため息がでた。

塩湖の白は、雪の白さより硬いイメージで、自然が作り出したものなのに、なぜか人工的なものに見えてしまう。多分、自分が今まで見たことのない風景だったからだろう。
そして思ったのは、私が今まで見た風景より、知らない世界のほうが多いのだということ。
生きているうちに見たり聞いたりするものって、本当にほんの少しのことなんだよね。
そう考えると、何をしているんだろうって気分になるけれど、分相応の暮らしでは、こんな生き方しかないわけで…(^^;)
仕事でいろんなところに行けるタレントさんが、羨ましいな。
by mint-de | 2008-06-01 16:09 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うこと。


by mint-de